個人クレジットカードで楽天カードを利用している人は多いです。楽天カードを利用することで楽天ポイントをためることができ、さまざまな買い物に利用することができます。

楽天カードの法人版として、楽天ビジネスカードがあります。ゴールドカードという位置づけであり、発行に伴って空港ラウンジを利用できるなどさまざまなメリットがあります。

ただ、他の法人カードとは特徴が大きく異なり、発行方法が特殊なのでこれについて理解する必要があります。以下では、楽天ビジネスカードのメリット・デメリットや特徴について解説していきます。

ビジネスカード プレミアムカード
対象  個人事業主・法人
券面
年会費  2,000円(税別)  10,000円(税別)
追加カード 家族カード5,000円(税別)
還元率 1%
ETCカード年会費 1枚無料

※2枚目以降は500円

ETCカード枚数制限 複数枚発行可能
限度額 両カード合わせて最高300万円
国際ブランド   
【キャンペーン情報】

新規入会で最大8,000円分のポイントをプレゼント

  1. 新規入会特典:2,000ポイント
  2. 楽天プレミアムカード入会特典:5,000ポイント
  3. 楽天ビジネスカード入会特典:1,000ポイント

法人カードのみの発行ができない楽天ビジネスカード

法人カードを作るとき、通常であれば法人カードを単体で作成します。個人クレジットカードと法人カードは完全に別です。

ただ、楽天ビジネスカードはどうかというと、楽天プレミアムカード(個人用クレジットカードのゴールドカード)を発行しなければいけません。

楽天ビジネスカードは楽天プレミアムカードの追加カードという位置づけです。個人用の楽天プレミアムカードがなければ、楽天ビジネスカードを作ることができないのです。

つまり、楽天ビジネスカードをもつためには、それまで楽天カードを利用したことのない人は楽天プレミアムカードを申し込まなければいけません。また、楽天カードの中でも、年会費無料の一般カードをもっている人であれば、ゴールドカードへ格上げする必要があります。

楽天プレミアムカードをもった後、追加(2枚目のカード)で楽天ビジネスカードを作るようにしましょう。楽天の法人カードをもつとき、必ず2枚のカードをもつことになります。

楽天ビジネスカードの年会費

法人カードを作るとき、気になるものとして年会費があります。楽天ビジネスカードの年会費は2,000円です。ただ、楽天プレミアムカードの作成が必須であり、楽天プレミアムカードの年会費は10,000円です。

つまり、楽天ビジネスカードをもつためには年会費12,000円が必要になります。これらの年会費は経費で落とすことができます。

また、ETCカードは一枚を無料で発行することができます。高速道路でETCカードを使うのは普通ですし、ETCカードを使うだけで深夜割引や休日割引などが適応されるようになります。

ETCカードを一枚発行するとき、2枚目からは500円が必要になるものの、楽天ビジネスカードで何枚もETCカードを発行することは少ないので問題ありません。

楽天ビジネスカードは個人クレジットカードに追加して発行する法人カードであるため、役員・社員用の追加カードを作ることはできません。社長一人が使うための法人カードであるため、複数の法人ETCカードを発行したい場合は他の法人カードを使うのが適切であり、楽天ビジネスカードで何枚ものカードを作るのは適切でないのです。

ただ、ETCカード自体は枚数無制限で発行することができます。

ポイント還元率1%の高還元率のカード

楽天カードでは、楽天ポイントの還元率が1%なのは有名です。楽天ビジネスカードではどうかというと、同じように還元率1%です。つまり、100円の買い物をすることで1円分のポイントがたまるようになります。

一般的な法人カードの場合、ポイント還元率は0.5%です。それに比べると、非常に高い還元率であることがわかります。

楽天ビジネスカードで決済して付与される楽天ポイントについては、個人に付くことになります。個人にポイントが加わる以上、そのポイントは個人利用して問題ありません。家具代や家族旅行代など、経費では落とせない項目にポイントを利用するようにしましょう。

法人カード利用によるポイントは非課税のお金と同じです。これを有効利用することが節税につながります。公共料金の支払いやSUICA代など、あらゆる費用をカード決済することができます。

なお、会社の備品を購入するときに楽天市場を利用すれば、さらにポイントが加算されるようになります。また、出張でのホテルを楽天トラベルで予約することでもポイントが加算されます。

たまったポイントは買い物に利用できるだけでなく、楽天銀行の手数料に充足させるなども可能であるため、楽天ポイントではあらゆる使い方ができます。

マイル移行することはできるのか

それでは、楽天ポイントをマイルに変えることはできるのでしょうか。個人事業主や法人を含め、経営者でマイルをためている人は多いため、マイルについても理解する必要があります。

楽天ポイントはANAマイルに交換することができます。このときは「2楽天ポイント=1マイル」に交換可能です。そのため、楽天ビジネスカードを利用してマイルをためる場合、ポイント還元率は0.5%になってしまいます。

あまりレートが良いとはいえないため、楽天ビジネスカードを利用してマイルをためる人は少なく、多くの人は楽天ポイントをためるようにしています。

なお、楽天とJALは提携していないため、JALマイルに変えることはできません。これについては、大きなデメリットの一つだといえます。

引き落とし口座は個人口座または法人口座を選択できる

クレジットカードを使用する場合、引き落とし口座を選択しなければいけません。楽天ビジネスカードは個人事業主でも法人でも申請することができるため、引き落とし口座は個人口座または法人口座を選ぶことができます。

このとき、たとえ個人事業主であっても「ビジネス用口座」を引き落とし口座に指定するようにしましょう。個人用とビジネス用の口座を分けることで経費処理が円滑になります。

楽天プレミアムカード(個人カード)では個人口座を指定し、楽天ビジネスカード(法人カード)はビジネス口座(法人口座または個人事業主のビジネス用口座)を指定するといいです。

利用限度額300万円まで(個人カードと合算)

また、楽天ビジネスカードの利用限度額は300万円となっています。ゴールドカードとしては一般的な限度額ですが、「楽天ビジネスカード単体での限度額が300万円ではない」ことに注意が必要です。

楽天プレミアムカードに付随して発行できる法人カードが楽天ビジネスカードです。そのため、「楽天プレミアムカード+楽天ビジネスカード」を合算した利用限度額が300万円となります。

そのため、例えば楽天プレミアムカードで100万円を決済している場合、楽天ビジネスカードは残り200万円分しか利用できないことになります。

個人クレジットカードの利用分が限度額に含まれることはデメリットですが、こうした特徴を理解したうえで楽天ビジネスカードを利用する必要があります。

楽天プレミアムカードのメリット・特典

必ず楽天プレミアムカードへの申し込みが必要であるため、楽天ビジネスカードを利用するときは楽天プレミアムカードのメリットまで考慮しなければいけません。

楽天プレミアムカードには多くのメリットがあるため、これらを考えたうえで申し込む必要があるのです。

ポイント還元率アップのキャンペン

楽天プレミアムカードをもつ場合、楽天ポイントが付与されるさらなるキャンペーンサービスがあります。楽天のゴールドカードをもつことにより、「楽天市場コース」「トラベルコース」「エンタメコース」の3つのうちどれか好きなものを選べます。

エンタメコースはメリットが非常に薄いため、楽天市場コースかトラベルコースのどちらかを選ぶことになります。

楽天市場コースでは、毎週火曜日・木曜日に楽天市場で買い物をした場合、決済した分のポイントが1%加算されます。またトラベルコースでは、楽天トラベルを利用した場合にポイントが1%上乗せされます。

こうしたポイント加算1%があるため、通常の還元率1%が加わって還元率2%になります。買い物が多い場合は楽天市場コースを選び、出張が多い場合はトラベルコースを選ぶようにしましょう。

空港ラウンジを使えるプライオリティ・パス

ゴールドカードであるため、ゴールドカードを提示すれば入れる空港ラウンジは当然ながら利用することができます。このとき、航空券と楽天ゴールドカードを提示すれば問題ありません。

日本国内であれば、国内線でも国際線でもゴールドカードの空港ラウンジがどこでも存在します。

ただ、楽天プレミアムカードはそれだけでなくプライオリティ・パスまで無料で発行することができます。世界の主要空港(国際空港)にプライオリティ・パスで入れる空港ラウンジが存在し、こうした空港ラウンジはゴールドカードで入れるラウンジよりもかなりグレードが高くなっています。

ゴールドカードラウンジであると、イスがおいてあって飲み物を無料でいくらでも飲むことができます。ただ、これがプライオリティ・パスの空港ラウンジであると食べ物を食べたい放題であり、アルコールも飲みたい放題です。シャワールームも完備されていることがあります。

以下は私が海外出張したときに利用したプライオリティ・パスの空港ラウンジです。

海外出張するとき、飛行費の待ち時間はどうしても長くなります。そうしたとき、空港ラウンジを使えば非常に快適な時間を過ごせるようになります。

私の場合、飛行機を使うときは必ず空港ラウンジを利用し、パソコンを開いて待ち時間に仕事をこなしています。成田空港や関西国際空港に限らず、世界の主要空港であればどこでもプライオリティ・パスの空港ラウンジが存在します。

ただし、家族カードにはプライオリティ・パスは付きません。プライオリティ・パスが付くのは、あくまでも本カードだけになります。

・本来、プライオリティ・パスは429ドルが必要

プライオリティ・パスが付く楽天プレミアムカードを含め総額12,000円の年会費で楽天ビジネスカードをもてるわけですが、本来プライオリティ・パスを保有するには年間429ドル(約43,000円)が必要です。これが無料なのです。

また、プライオリティ・パスが付く法人カードとしては、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード(年会費2万円)、JCBプラチナ法人カード(年会費3万円)などがあります。

こうした法人カードに比べると、法人カードの中では最も安い年会費でプライオリティ・パスを入手できます。

優れた保険付帯:海外旅行傷害保険

海外出張(海外旅行)をするとき、海外旅行保険に加入することを多くの人は考えます。ただ、楽天ゴールドカードをもっていれば、海外旅行保険が最初から付いているので別途加入する必要がありません。

楽天プレミアムカードでは補償が自動付帯になっており、カードをもっているだけで補償の対象になります。

このときは以下のような補償内容になっています。

傷害死亡・後遺障害 5,000万円 携行品損害 50万円
傷害治療費用 300万円 賠償責任 3,000万円
疾病治療費用 300万円 救援者費用 200万円

かなり手厚い海外旅行傷害保険になっており、ケガや病気で現地の病院に入院したとしても高額な医療費を請求されることはありません。

また、このときはキャッシュレス受診(キャッシュレス診療)が可能です。現地通貨をもっている人は少なく、そうしたときキャッシュレス受診に対応しているクレジットカード(法人カード)であると、お金の支払いなく病院を受診できるのです。

楽天プレミアムカードはキャッシュレス診療に対応しています。そのため、実際にケガや病気をしたときはカード会社に電話し、カード会社側で日本語対応できる病院を探して予約してもらい、あとは病院に楽天ゴールドカードやパスポートだけをもっていくだけになります。お金の支払いなしで受診可能なのです。

審査基準の甘いクレジットカード

なお、楽天カードは審査がゆるいクレジットカードとして知られていますが、これは楽天プレミアムカードでも同様です。支払い遅延を複数回していたり、自己破産していたりと個人信用がない場合はさすがに厳しいですが、そうでない場合は問題なく審査に通過することができます。

ゴールドカードの中では審査が甘いため、それに付随する楽天ビジネスカードも問題なく発行することができるのです。

・楽天ビジネスカードの審査がある

ただ、注意すべき点として「楽天プレミアムカードの審査に通過したからといっても、必ずしも楽天ビジネスカードの審査にも通過する」というわけではないことがあげられます。

楽天ビジネスカードの発行が目的にも関わらず、楽天プレミアムカードの審査だけに通過し、楽天ビジネスカードの審査に落とされるといったこともあるのです。その場合、楽天ゴールドカードの年会費10,000円が無駄にのしかかるようになります。

ただ、他の法人カードに比べると審査はゆるめなので、既に他の法人カードを発行して利用したことのある会社経営者であれば問題なく発行できます。

・楽天ビジネスカードの必要書類

法人カードの審査で必要なのは登記簿謄本(履歴事項全部証明書)です。個人事業主の場合、登記簿謄本(履歴事項全部証明書)は存在しないので提出しなくても問題ありません。

他の必要書類としては、本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)があります。これに加え、法人名義預金口座からの支払いに関する同意書には「200円の収入印紙」を貼る必要があります。

収入印紙は郵便局で購入できますが、200円を負担させ、郵便局に行かせるという無駄な手間をかけさせることについては大きなデメリットだといえます。

楽天ビジネスカードの発行期間や審査期間

個人クレジットカードに比べて、法人カードは審査期間が長いのでカードの発行期間はどうしても長くなります。一般的にはネット申請してカードが手元に届くまでには一ヵ月ほどの時間がかかり、これは楽天ビジネスカードも同様です。

まずは楽天プレミアムカードに申請する必要があり、これが手元に届くには最短でも一週間ほどの時間が必要です。また、その後に楽天ビジネスカードを申し込むことになるのですが、これには審査期間を含めて手元に届くまで三週間ほどかかります。

したがって、楽天ビジネスカードの発行期間は最短でも一ヵ月ほどになりますが、それよりも遅くなることもよくあります。

早めに法人カードを手にしたい場合、カード発行には時間がかかることを認識したうえで素早く申請するようにしましょう。

その他、細かい楽天ビジネスカードの特徴

他にどのような特徴があるのかというと、細かい点をいえばさらに存在します。以下では、理解しておいた方がいい楽天ビジネスカードの特徴を記します。

・発行できるカードはVISAのみ

楽天ビジネスカードで発行できる法人カードはVISAだけになります。

楽天プレミアムカードであれば、VISA、Master Card、JCBの3つから選ぶことができます。ただ、楽天ビジネスカードはVISA一択になるのです。

その代わり、VISAカード保有者の特典として使える「VISAビジネスオファー」を活用することができます。ビジネスでの割引を使えるため、こうしたサービスを利用できるようになります。

・支払いは一回だけであり、キャッシング未対応

楽天ビジネスカードの支払い方法は一回だけです。複数の分割払いやリボ払いには対応していません。また、キャッシングもできません。

法人カードでは基本的に一回払いが原則であり、キャッシングできないものが多いです。楽天ビジネスカードも同様に分割払い、リボ払い、キャッシングなどはできないようになっています。

ただ、個人クレジットカードである楽天プレミアムカードであれば、二回払いや複数分割払い、リボ払い、キャッシングを含めすべて行えるようになっています。個人カードと法人カードでは、活用できるカードの幅が異なります。

・電子マネーの活用:楽天Edy、SUICAなど

楽天ビジネスカードは各種電子マネーへのチャージが可能です。楽天EdyやモバイルSUICAなどに対してチャージすることができます。

ただし、電子マネーによってはチャージできないものが存在します。nanacoやPASMO、WAONなどにはチャージできません。

特に交通系ICカードは交通費として経費で落とせるため、節税で重要になります。こうしたとき、PASMOではなくモバイルSUICAを活用するなどの工夫が必要です。

・ポイント加盟店の利用で還元率2倍

給油するとき、法人カードを使うのは普通です。自家用車を営業車ということにすれば、たとえプライベート利用であってもガソリン代をすべて会社のお金で支払うことができます。

このときは法人カードで決済しますが、エネオスでガソリンを入れた場合はポイント2倍(還元率2%)になります。これは、エネオスが楽天のポイント加盟店だからです。

楽天ビジネスカードをもつ場合、給油はエネオスを利用することを意識するといいです。そうすれば、ガソリンを入れたときはより効率的に楽天ポイントがたまっていきます。

なお、他にも楽天にポイント加盟店は存在しますが、特に重要になるのはエネオスでのガソリン代になります。

・楽天ブラックカードの申請に有利になる

個人クレジットカードには、各会社がブラックカードを用意しています。これは、楽天カードも同様です。

ブラックカードにするためには、そのカード会社のゴールドカードやプラチナカードを利用しなければいけませんが、楽天カードの場合は楽天プレミアムカードになります。

法人カードであると利用額がどうしても多くなるため、楽天ビジネスカードで決済していると楽天ブラックカードのインビテーション(招待)が届きやすくなります。また、楽天ブラックカードは自ら申請できますが、このときの審査に通過しやすくなります。

楽天ビジネスカードのデメリット

それでは、他の法人カードに比較して楽天ビジネスカードにはどのようなデメリットがあるのでしょうか。メリットだけでなく、デメリットにも着目してその法人カードに入会するかどうかを決めなければいけません。

楽天ビジネスカードのデメリットとしては、以下のようなものがあります。

・必ず2枚のクレジットカードが必要になる

最大のデメリットとしては、楽天ビジネスカードが「楽天プレミアムカードの追加カード」という位置づけであることがあげられます。年会費10,000円支払って楽天プレミアムカードに入会しなければ楽天ビジネスカードに申し込む資格を得ることができません。

そのため手元のクレジットカードは必ず二枚もつことになり、他に法人カードをもっている人では無駄にクレジットカードが複数枚増えることになります。

法人カードを単独でもてないのは大きなデメリットです。

・社員カードを発行できない

楽天ビジネスカードは個人クレジットカード(楽天プレミアムカード)に追加する法人カードであるため、一枚しか発行できません。そのため、他の役員や社員ように追加カード(社員用の法人カード)を発行することができません。

法人カードでは、どのカードも社員カードを発行できるのが普通です。ただ、そうした機能が一切なく、あくまでも社長個人が利用できる法人カードになります。

楽天プレミアムカードであれば、家族カード(個人口座と紐づいたカード)を発行できます。ただ、従業員用にビジネスカード(法人口座と結びついたカード)を作ることはできないのです。

・年会費に対する還元率の問題

楽天カードの還元率1%だけをみると、意外と良い数字のように思います。ただ、ポイント還元率という観点だけで考えるのであれば、他にも良い法人カードは存在します。

例えば、オリコ EX Gold for Bizは年会費2,000円と非常に安いものの、還元率0.6%です。また、年間200万円以上の利用で還元率1.1%になります。プライオリティ・パスはつきませんが、ゴールドカードであるためゴールドカードの空港ラウンジは使うことができます。

また、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードはプラチナカードであり、年会費2万円であるものの、年間200万円以上の利用では年会費1万円と楽天ビジネスカード(楽天プレミアムカード分を含む)以下の年会費になります。ビジネス利用では年間200万円は意外と簡単にクリアできます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードはポイント還元率1.125%であり、プラチナカードなので「プライオリティ・パス」「保険付帯」「コンシェルジュサービス」など、楽天ビジネスカードをはるかに凌ぐサービスを受けることができます。

こうしたことまで考慮したうえで、楽天ビジネスカードを検討するようにするといいです。

楽天ビジネスカードでビジネスを円滑にする

ここまで述べてきたような特徴はあるものの、個人クレジットカードで楽天カードをもっている人は多く、楽天カードは非常に身近です。こうした楽天カードの法人版として楽天ビジネスカードがあります。

個人クレジットカードと同じように、法人カードでも楽天カードを検討する個人事業主(自営業)や法人経営者は多いです。

楽天ポイントをためることができ、還元率1%は非常に魅力的です。ただ、ビジネスカード自体が「楽天プレミアムカードの追加カードとなる」ことを理解したうえで、両者のカードの特徴やメリット・デメリットまで考慮したうえで申請するようにしてみてください。

法人カード単体では申し込めない特殊なクレジットカードなので、「楽天プレミアムカード」「楽天ビジネスカード」という二つのカードの特徴を理解しておく必要があります。

ビジネスカード プレミアムカード
対象  個人事業主・法人
券面
年会費  2,000円(税別)  10,000円(税別)
追加カード 家族カード5,000円(税別)
還元率 1%
ETCカード年会費 1枚無料

※2枚目以降は500円

ETCカード枚数制限 複数枚発行可能
限度額 両カード合わせて最高300万円
国際ブランド   
支払い方法 一回払い 1回払い、分割払い、リボ払い
 キャッシング
 プライオリティ・パス
海外旅行傷害保険 最高5,000万円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
ショッピング保険 最高100万円

おすすめの法人カードランキング

法人カードランキング