三菱UFJニコスが発行する法人カードの中でも、プラチナカードとしてMUFGカード・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(MUFG・アメックス・プラチナ)があります。

プラチナ法人カードではあるものの、年会費はそこまで高くなくお得感のある法人カードです。

また、アメックスは非常にステータス性の高いカードとして知られています。カード発行会社は三菱UFJニコスですが、アメックスの法人カードなので優れたサービスを受け取ることができます。

MUFG・アメックス・プラチナ
対象  個人事業主・法人
券面
年会費 20,000円(税別)
追加カード 3,000円(税別)
還元率 0.5~0.75%
ETCカード年会費 無料
ETCカード枚数制限 複数枚発行可能
限度額 100~500万円
国際ブランド

三菱UFJニコスのプラチナ法人カードの特徴

まずは、年会費から確認していきます。

年会費は2万円とプラチナ法人カードでは安い

プラチナ法人カードの中でもMUFGカード・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは年会費が安く、年会費2万円です。

例えば、JCBプラチナ法人カードの年会費は3万円であり、三井住友ビジネスプラチナカードは年会費5万円です。このように比べると、安い値段で保有できるプラチナ法人カードであることがわかります。

また、追加カードを制限なく何枚でも発行することができます。役員や社員用に追加カードをもたせたいとき、発行枚数に制限がないのは優れています。

追加カードの年会費も安く、一枚につき年会費3,000円です。年会費の面では非常にお手頃な法人カードです。

法人ETCカードも無料発行

ビジネスをするとき、法人カードと同様に必須となるカードとして法人ETCカードがあります。

ETCカードを活用することで深夜割引や休日割引の適応になります。このときは30~50%引きになるため、法人ETCカードを利用したほうが経費削減になります。

また、家族旅行であっても「ビジネスで出張した」ということにすれば、問題なく経費で落とせるので節税になります。

こうした法人ETCカードを手数料や年会費無料で発行することができます。本カード一枚につき、法人ETCカードを加えることができます。そのため、追加カードの発行枚数分だけETCカードを発行できます。

利用限度額は500万円まで

カードの利用枠はどれだけあるのかというと、利用限度額は500万円までです。プラチナ法人カードの中では、MUFGカード・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは限度額が低いです。これについてはマイナス点だといえます。

一般的にプラチナ法人カードであると、限度額は個別審査になっていることが多いです。その人に応じて限度額を設定するため、常識の範囲内であれば限度額の上限がないことを意味しています。

限度額が個別設定の場合、カード利用枠が500万円を超えることはよくあります。ただ、MUFGカード・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードでは100~500万円の限度額になっているのです。

ただ、500万円ほどの限度額があればビジネスで困ることは非常に少ないです。

審査基準が非常に高いというデメリット

ただ、MUFGカード・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードには最大の欠点があります。それは、他の法人カードに比べて審査基準が非常に高いという点です。

個人事業主でも法人でも申請できるカードですが、このときは条件があります。公式サイトに明記されていますが、「3年以上のビジネス経験があり、2期連続で黒字決算の個人事業主または法人」が条件です。

例えば会社組織の場合、設立して3期以上が経過している必要があります。さらに、このときは2期連続で黒字でなければいけません。

正直なところ、3年以上ビジネスで継続している会社の方が珍しいです。しかも2期連続の黒字であると、そのような個人事業主や法人は非常に限られます。こうしたことから、プラチナ法人カードの中でも非常に審査基準が高くなっています。

プラチナ法人カードの中には、ビジネスをしたことのない個人事業主や設立一年未満の法人であっても問題なく審査に通過するカードが存在します。ただ、少なくともMUFGカード・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはそのようなカードではなく、非常に審査が厳しくなっているのです。

タクシーチケットの手配

また、法人カードの中でも意外と珍しいサービスとしてタクシーチケットの手配があります。

三菱UFJニコスの法人カードであれば、タクシーチケットを手配することができます。MUFGカード・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの場合、無料でタクシーチケットを取り寄せ可能です。

タクシーチケットを活用すれば接待がスムーズになります。また、家族に渡せば「得意先を接待した」ということにして経費で落とすこともできます。

節税という意味でも、タクシーチケットの存在は大きいです。タクシーチケットを効果的に活用することで節税しながら、個人のお金を使わずに済むようになるのです。

空港サービスに優れたMUFG・アメックス・プラチナ

こうしたメリットはありますが、MUFG・アメックス・プラチナでは特に空港サービスに優れています。

アメリカン・エキスプレスはもともと、空港利用での優待が多いクレジットカードです。これについては、MUFGカード・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードでも同様なのです。

具体的にどのようなサービスが提供されているのかについて、以下で確認していきます。

 

空港ラウンジの利用:プライオリティ・パス

MUFGカード・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは多くのサービスを受け取れるようになります。その一つが空港ラウンジの利用です。

国内線の空港には、ほとんどの場合で空港ラウンジが存在します。ソファがあり、ジュース飲み放題の空港ラウンジですが、これだけでも飛行機の待ち時間がかなり快適になります。

さらに、より上位の空港ラウンジを利用できるカードとしてプライオリティ・パスがあります。

MUFGカード・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードに申請した後、プライオリティ・パスに申し込めるようになっています。成田空港や関西国際空港を含め、海外の主要国際空港にはプライオリティ・パスの提示で入れる空港ラウンジが数多く存在します。

プライオリティ・パスで入れる空港ラウンジは「国内線のゴールドカード以上を提示すれば入れる空港ラウンジ」とは比べ物にならないほど豪華です。アルコールが飲み放題であり、食事もとることができます。

飛行機を待っている時間は非常に苦痛です。ただ、プライオリティ・パスがあるだけで待ち時間が楽しくなります。

無料のスーツケース宅配サービス

また、アメックスでは空港サービスが優れていることで有名です。これと同じ機能の一部をMUFGカード・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードでも利用できます。

MUFGカード・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードをもっていれば、海外出張のときに無料でスーツケースを一個まで空港へ送ることができます。もちろん、帰りのときも空港から家まで送ることが可能です。

対象空港は成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港です。出発の7日前までに電話することでサービスを利用できます。

さらに、JAL便で海外へ行く場合、家から送った手荷物を日本の出発空港で受け取らず、海外の空港ではじめて荷物を受け取ることができます。手ぶらで空港まで行き、そのままチェックインして海外で初めて荷物を手にするのです。

重い荷物をもつことなく飛行機に乗ることができるという優れたサービスとなっています。

コートの無料預かりサービス

それだけではなく、冬などに重宝するコートの無料預かりサービスまで存在します。

寒い冬の日本から常夏の東南アジアで行くときなど、コートは不要になります。しかも、コートをスーツケースの中にずっと入れておくとなると、コートの型が崩れたりシワができたりする原因になります。

防寒に必須のコートですが、海外出張のときは意外と邪魔になるのです。

そうしたとき、成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港であればコートを無料で預かることができます。サービス受付期間は12月1日~3月31日までであり、寒い時期に常夏の国へ海外出張するときは必ず利用するようにしましょう。

高額な海外旅行傷害保険補償額

プラチナ法人カードであるため、海外旅行傷害保険が自動付帯です。海外旅行傷害保険があれば、旅行保険に入らなくても問題ありません。たとえ現地でケガや病気で入院することになったとしても、高額な医療費を請求されないのです。

しかも、このときはキャッシュレス受診(キャッシュレス診療)であり、現地でのお金の支払いなしに受診できるシステムになっています。カード会社へ電話し、日本語対応の病院を予約してもらった後にタクシーで出向くだけで問題ありません。

最高5,000万円まで自動付帯であり、もし海外航空券や旅行ツアーの代金をMUFGカード・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードで支払っている場合、補償は最高1億円まで跳ね上がります。

なお、ケガや病気で入院したときの補償額は200万円までとなっています。多くの場合、ケガや病気での保険利用がほとんどです。

実はプラチナ法人カードの中では、補償額200万円は低いです。他のプラチナ法人カードであると、ケガや病気では300万円までになっていることが多いです。ただ、大けがや大病を患わなければ大丈夫な補償額であるため、基本的には問題ないと考えてください。

ポイント還元率は0.75%(通常は0.5%)

それでは、法人カードを利用することでたまるポイントはどのようになっているのでしょうか。

MUFGカード・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの場合、ポイント還元率は0.5%です。1,000円の利用で1ポイントがたまり、「1ポイント=約5円」の価値があります。そのため、還元率0.5%です。

さらに、三菱UFJニコスのプラチナ法人カードでは「前年の利用額に応じて付与されるポイントが上がる」という制度があります。このとき、以下のような内容になります。

ステージ
年間のカード利用額 50万円以上、100万円未満 100万円以上
ポイントアップ率 20% 50%
還元率 0.6% 0.75%

年間100万円以上の利用でポイント付与が50%アップするため、還元率は同じように0.75%です。ビジネス利用の法人カードであれば、誰でも年間100万円以上のカード決済額になります。そのため、ポイント還元率は0.75%で考えるといいです。

ただ、MUFGカード・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの場合は初年度からポイントアッププログラムが存在し、還元率が50%増加します。つまり、最初から還元率0.75%です。

なお、海外で利用する場合はボーナスポイントが2倍です。つまり、海外利用では還元率1.5%になります。非常に高い還元率を実現できるため、海外では積極的にカード払いするようにしましょう。

ポイント2倍のアニバーサリーポイント

さらに、三菱UFJニコスにはアニバーサリーポイントという制度があります。これは、定めた月でたまるポイントが2倍になるというものです。

ビジネスをしている人の場合、特定の月だけカード利用額が多くなります。個人事業主の場合、「確定申告する所得額が決定する12月」が節税の月です。法人であれば、決算月に頑張って節税しなければいけません。

そのため個人事業主は12月、法人は決算月をアニバーサリーポイントの適応月にしましょう。これにより、さらに効率的にポイントがたまるようになります。

「Point名人.com」によるポイントアップ

さらに、三菱UFJニコスが運営するウェブサイトとして「Point名人.com」があります。このサイトを経由してネットショッピングすることにより、付与されるポイントが2~25倍になります。

あまり利用しないショップが並んでいるわけではなく、Amazonや楽天、ヤフーショッピングなども登録されています。

例えば、このサイトを経由してAmazonで買い物をする場合、ポイント2倍なので還元率は最高で1.5%になります。MUFGカード・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを入手した場合、必ずこのサイト経由でネットショッピングするようにしましょう。

三菱UFJニコスのコンシェルジュサービス

なお、プラチナ法人カードといえばコンシェルジュサービスです。それまで、プラチナカードを利用したことのない人であると、あまりコンシェルジュサービスはなじみがありません。ただ、実際にプラチナ法人カードを保有するようになると、頻繁に利用したほうが良いサービスになります。

まず、ホテルの予約が簡単になります。「予算、宿泊日、人数」などを伝えれば自動で予約してくれます。しかも、高級ホテルではなく普通のビジネスホテルをさらに安く泊まれるようになります。

航空券の手配やレストランの予約では割引適応になりますし、日本で発売されていない商品を探すことも可能です。

また、海外でケガや病気になったときは海外旅行傷害保険を活用しますが、このときもコンシェルジュデスクに電話することになります。非常に利便性の高いサービスがコンシェルジュサービスです。

高級レストラン利用で一名無料

他にも、必ず活用してほしいサービスとして、「高級レストランに2名以上で予約した場合、1名分が無料になる」というサービスがあります。これをプラチナ・グルメセレクションといいます。

高級レストランとはいっても、一人10,000円ほどで問題ありません。1人分が無料であるため、1人5,000円で高級レストランの1万円コースを頼めるようになります。

非常に優れたサービスであるため、一店舗につき半年に一回までという制限があります。ただ、対象の店舗はいくつも存在しますし、半年が過ぎれば再びその店舗を利用することができます。

年間でこのサービスを2回ほど利用するだけでカードの年会費分のもとを取れるようになります。

MUFGカード・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを活用する

他にも、MUFGカード・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードにはビジネスサポートがあったり、通常では予約できない名門ゴルフ場を予約できたりします。

また、プラチナ法人カードの中でもアメックスのカードなので「スーツケースを無料で送ることができ、国内の出発空港ではなく海外の到着空港で受け取ることができる」「コートの無料預かりサービスまで実施」など、空港サービスが優れています。また、これらは三菱UFJニコスのプラチナ法人カードならではの特典になります。

これだけの特典があるにも関わらず、年会費2万円です。

審査基準は非常に高いものの、非常に優れたサービスを提供しているプラチナ法人カードがMUFGカード・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードです。

黒字決算の個人事業主や法人であれば申請できます。MUFGカード・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードに申し込みたい場合、チャレンジしてみてください。

MUFG・アメックス・プラチナ
対象  個人事業主・法人
券面
年会費 20,000円(税別)
追加カード 3,000円(税別)
還元率 0.5~0.75%
ETCカード年会費 無料
ETCカード枚数制限 複数枚発行可能
限度額 100~500万円
国際ブランド
プライオリティ・パス
海外旅行傷害保険 最高1億円(自動付帯&一部利用付帯)
国内旅行傷害保険 最高5,000万円(自動付帯)
ショッピング保険 最高300万円
空その他サービス ・空港でのスーツケースの無料宅配

・空港でのコートの無料預かり

・高級レストラン2名以上利用で1名無料

 

おすすめの法人カードランキング

法人カードランキング