date

電子マネーの多くには、「ICカード」が利用されています。ICカードとは、ICチップが埋め込まれたカードのことを指します。そして、ICチップによって、さまざまな情報を記録できるカードです。

そして、ICカードには、データの読取方式やデータの通信方法などによって、さまざまな分類が行われています。

そのため、電子マネーを学ぶ際には、こうしたICカードの分類について理解しておくことが大切です。そうすることで、あなたが使っている電子マネーについて、より深く知ることができます。

そこで今回は、「ICカードの分類」について解説します。

データ読取方式の違い

ICカードには、ICチップが埋め込まれており、端末によってICチップから情報を読み込むことができるようになっています。そして、データの読取方式として、大きく分けて「接触型ICカード」と「非接触型ICカード」の2つに分類することができます。

・接触型ICカード

接触型ICカードとは、カードに埋め込まれている端子(モジュール端子)と、端子から情報を読み込む端末を接触させることで、端子に入っている情報を読み取ることができるICカードです。

接触型ICカードの場合、カード自体の電源を入れなければ端末を使って端子から情報を読み取ることができません。ただ、通常はカードを端末に挿入したときに自動的に電源が入るようになっているため、基本的には意識することはありません。

こうした接触型ICカードの利点は、端子から端末への情報交換が安定していることだといえます。つまり、セキュリティ能力が高いといえます。

そのため、高いセキュリティ機能が求められる「クレジットカード」や「キャッシュカード」には、接触型のICカードが利用されています。

・非接触型ICカード

非接触型ICカードとは、カードにコイルが内蔵されており、カードのコイルと端末から出される磁界によってデータの送受信ができるICカードになります。

非接触型ICカードでも電源が必要になりますが、電源も端末から発せられる電波によって作られます。

接触型ICカードが、端末に挿入するなどして接触しなければデータのやり取りができないのに対して、非接触型ICカードでは、端末にかざすだけで情報の交換が行われます。

このように、かざすだけで利用できるため、「素早いデータのやり取りが可能である」ということが非接触型ICカードの特徴です。

そのため、高速処理が必要である交通系カードの「Suica(スイカ)」や「Icoca」、電子マネーである「Edy(エディ)」や「nanaco(ナナコ)」などに、非接触型ICカードは活用されています。

データの通信方法の違いによる分類

ICカードは、データの送受信方式の違いによって大きく分けて「接触型」と「非接触型」の2つに分類されます。そしてさらに、非接触型ICカードは通信方式の違いによって大きく「TypeA」「TypeB」「Felica(フェリカ)」の3つに分けられます。

日本では、非接触型ICカードの80パーセント以上がFelica(フェリカ)を利用しています。TypeAやTypeBは、NTTのICテレホンカード(TypeA)や住民基本台帳番号カード(TypeB)などに使われています。

TypeAにCPUを搭載しているものと、そうでないタイプがあるのに対して、TypeBは必ずCPUが搭載されているのが特徴です。そのため、日本では高いセキュリティレベルが求められる、運転免許証やキャッシュカードなどでTypeBが「多く利用されています。

そして、日本で最も多く利用されているFelica(フェリカ)は、ソニー株式会社が開発したものです。Felica(フェリカ)の1番の特徴は、情報処理速度の速さにあります。そのためFelica(フェリカ)は、Suica(スイカ)やIcoca(イコカ)などの交通系カード、電子マネーカードといったものに活用されています。

今回述べたように、一言でICカードといっても、データの読取方式やデータの通信方式の違いによって、さまざまなものに分類されます。電子マネーについて学ぶ際には、そうした違いを理解しておくことが大切です。

また、非接触型ICカードにおいては、日本では80パーセント以上がFelica(フェリカ)を利用しているということも知っておいてください。

おすすめの法人カードランキング

法人カードランキング