IC ch

電子マネーはコンビニやスーパーの支払い、電車の乗車料金など、さまざまな場面で利用されています。電子マネーという言葉に明確な定義はありませんが、簡単にいうと「プリペイド式の電子決済」といえます。

Suica(スイカ)やPasmo(パスモ)、WAON(ワオン)といったものが代表的なものに挙げられますが、QUOカードやテレホンカードといったものも、広義には電子マネーに含むことができます。

そして、電子マネーを利用する上で、電子マネーの仕組みを知っておくことは大切です。電子マネーにもいくつかの種類があり、一見すると同じような造りをしているものでも、バリュー(価値)を持つ場所や決済の流れに違いがあります。

そうした各々の違いを知ることで、あなたに合った電子マネーを日常生活で利用することができるようになります。

そこで今回は、「電子マネーにおけるバリュー管理と決済方法の仕組み」について解説します。

バリュー管理方法の違い

電子マネーにはいくつかの種類がありますが、その中でも価値(バリュー)をどこに持つかによって、サーバー型と非サーバー型に大きく分類されます。

サーバー型電子マネーとは、インターネット上のサーバーで残高管理を行うものです。つまり、カード自体は価値を持たないため仮想マネーといえます。サーバー型電子マネーとしては、「WebMoney」や「BitCash」などが例として挙げられます。

サーバー型電子マネーでは、コンビニなどでカードを購入して、そこに書いてあるコード番号などを入力することでお金をチャージすることができます。

このようにサーバー型電子マネーは、インターネット上で番号を入力するだけで料金を支払うことができるため、「個人情報がもれにくい」という特徴があります。

以前のサーバー型電子マネーは、インターネットやモバイルコマースといったように仮想マネーでしか利用できませんでした。しかし現在では、磁気カードにIDを書き込んでその情報を加盟店の端末で読み取りサーバーに送信することで、リアル店舗で使うことができるようになっています

さらに磁気カードだけではなく、非接触型IC(クレジットカードのように接触させなくても読み取ることのできる媒体)にIDを書き込むことによって、スマートフォンのアプリでも利用できるようになっています。

一方、非サーバー型電子マネー(IC型電子マネー)とは、ICカードやスマートフォンに内蔵されたICチップにプリペイドの残高があるものを指します。つまり、カードやスマートフォンなどの端末自体が価値を持っています。

このようなIC型電子マネーとしては、Suica(スイカ)やEdy(エディ)、ICOCA(イコカ)などが例として挙げられます。

そして、IC型電子マネーの場合、現金での入金の他に、登録したクレジットカード、銀行口座からの入金方法があります。

このように一言で電子マネーといっても、プリペイド残高の管理方法の違いによって、サーバー上でプリペイド残高を管理する「サーバー型電子マネー」と、手元にあるカードやスマートフォン内のICチップでプリペイド残高を管理する「IC型電子マネー」に分類されます。

ただサーバー型電子マネーでも、既に述べたような「カードIDの読み込みに非接触型のICを利用しているもの」などは、消費者からするとIC型電子マネーとの違いがわからないようになっています。

電子マネー決済の仕組み

電子マネーが登場した当初は、電子マネー事業者が設置したチャージ機や、店舗のレジ、ATMなどで現金によってチャージすることが普通でした。しかし現在では、銀行口座振替やクレジットカードによる入金もできるようになっています。

さらに、クレジットカードと連動して、一定残高を下回ると自動的に課金されるような機能も追加されています。

このように、昔であればチャージ機やコンビニなどで、わざわざ課金する必要がありましたが、現在ではそのような手間もかからなくなっています。このように、電子マネーの使い勝手が良くなるにつれて普及も進んでいます。

電子マネーでは、加盟店にあるカード取り扱い端末にカードをかざすと一瞬で決済が完了します

このときには、カード上やサーバー上にある残高から、利用した分の代金が差し引かれて、その分のバリューが加盟店のカード端末に移ります。そして、加盟店は移ったバリューをまとめて電子マネー事業者に請求することで代金を受け取ることができます。

このとき、加盟店は加盟店手数料を引かれた代金が支払われます。このような加盟店手数料は、電子マネー事業者の主な収入源になります。

電子マネーでは、このような方法で決済が行われています。

今回述べたように、電子マネーはバリュー管理方法によって大きく「非サーバー型電子マネー(IC型電子マネー)」と「サーバー型電子マネー」の2つに分類されます。

こうした電子マネーの違いを知ることで、それぞれのリスクやメリットを理解することができます。そうすることで、よりあなたに合った電子マネーを利用することができるようになります。

おすすめの法人カードランキング

法人カードランキング