個人事業主・フリーランスや会社経営者がビジネスをするときに必要になるものが法人カードです。ビジネスカードとしてクレジットカードをもつことで、事業用の買い物をカード決済できるようになります。

このとき、年会費の低い一般法人カードであると、単にカード決済することがメインになります。その場合はポイント還元率や利用限度額、年会費などを比較したうえで使用する法人カードを選ぶようになります。一般法人カードの場合、特に優れた特典があるわけではありません。

それに対して、ゴールド法人カード(アメックス)やプラチナ法人カードなどの場合は優れた特典を受け取れるようになります。

しかし、クレジットカードごとの具体的なサービスについてはかなり詳しく調べないと分かりにくいです。そこで、どのような特典を受け取ることができるのかについて確認していきます。

一般的な特典はポイント還元率

どの法人カードであっても付いている一般的な特典としては、ポイント付与があります。法人カードを使って決済するごとにポイントが付くのです。支払いのときに銀行振込であるとポイントが付かないどころか、振込手数料を取られるようになります。そのため、カード決済をする方が圧倒的に得です。

ビジネスカードのポイント還元率は一般的に0.5%です。そのため、0.5%を基準にして還元率が高いか低いかでカードのスペックを考えていきます。

年会費の低い法人カードであると、還元率は低くなります。一方のステータス性の高い法人カードでは、還元率が高くなる傾向にあります。ハイステータスな法人カードの場合、還元率1%以上となります。

年会費は高くても、ポイントの分を考えるとハイステータスカードの方が良いことは多いです。例えば、分かりやすく以下のケースを考えましょう。

  • 年会費0円、還元率0.5%の法人カード
  • 年会費1万円、還元率1%の法人カード

「年会費1万円、還元率1%の法人カード」だと、年間200万円以上のカード決済があれば、「年会費0円、還元率0.5%の法人カード」よりも得をするようになります。当然、よりカード決済額が多くなるほどお得度は大きくなります。

たとえ年会費が1万円も高かったとしても、還元率のことまで考慮すると意外とそうでもないことは多いです。月17万円以上の決済があれば年間200万円以上になるため、ビジネスを動かしている人だと意外と簡単に達成できてしまいます。

もちろん月の決済額が少ない場合は年会費の安い法人カードで大丈夫です。ただ、月17万円以上の場合は還元率の高い他のビジネスカードを検討しましょう。

ステータスカードに存在する優れた特典やサービス

ただ、これがプラチナ法人カードとなると、より優れたサービスになります。

一般的には、ゴールド法人カードであっても特典内容は大したことがありません(アメックスのゴールド法人カードを除く)。ただ、それ以上になると多くのサービスが存在します。

そのため、クレジットカードに存在する優れたサービスを利用したいのであれば、「アメックスのゴールド法人カード」または「プラチナ法人カード」のどちらかをもつようにしましょう。

私はあまりステータス性を重視しない人間ですが、いまではプラチナ法人カードを活用しています。理由は単純であり、年会費以上のメリットがあるからです。そこで、どのようなメリットがあるのかについて詳しく確認していきます。

レストランの1名無料

私がかなり頻繁に利用しているものに、レストランの1名無料があります。これは、指定のレストランに2名以上で出向くことで、1名分が無料になるというものです。

私は既婚者ですが、妻のご機嫌を取るために月に一回ほど家族接待する必要があります。おそらく、得意先の接待よりも家族を接待する方が頻度は高い気がします。そうしたとき、プラチナ法人カードの「レストラン1名無料の特典」を利用します。

例えば、以下のようなレストランになります。

もちろん高級レストランにはなりますが、一人10,000~15,000円です。一人10,000円だとしても、二人分で考えると一人わずか5,000円ほどでこうした料理を食べることができます。そのため、非常にお得です。

もちろん私のように家族の接待ではなく、彼女(彼氏)とのデートで利用したり、得意先との会食で活用したりしても問題ありません。必ず利用すべき特典の一つがレストランの1名無料であり、これだけでも年会費分の元を取ることができます。

空港ラウンジの利用

個人事業主や会社経営者であると、出張のときに飛行機を利用する機会があります。そのとき、ほとんどの人が空港ラウンジを利用します。飛行機を待つとき、固いイスに座って時間を過ごす経営者などはいません。

法人カードの中でも、ゴールドカードやプラチナカードをもてば空港ラウンジを利用できます。例えば、以下は国内線に存在する伊丹空港のゴールドカードラウンジです。

また、プラチナ法人カードであると、プライオリティ・パスというカードを無料で追加発行できます。プライオリティ・パスは年会費429ドル(約43,000円)ですが、これが無料になるのです。

以下が実際のプライオリティ・パスです。

世界に存在する主要空港でプライオリティ・パスを使うことができます。例えば、以下は私がペルーへ出向いたときに入ったプライオリティ・パスの空港ラウンジになります。

アルコールを飲むことができ、シャワールームも存在し、食事は食べたい放題です。ゴールドカードラウンジよりも、さらにグレードの高い空港ラウンジを利用できるのがプライオリティ・パスです。

海外旅行傷害保険

また、海外出張のときにステータスカードだと有利になります。海外で病院を受診するとき、通常なら高額な医療費を請求されます。そのため、多くの人は旅行保険に加入します。ただ、ステータスカードをもっていれば旅行保険に別途入らなくても問題ありません。

アメックスのゴールド法人カードやプラチナ法人カードを保有すれば、高額な海外旅行傷害保険補償が自動付帯になります。つまり、カードをもっているだけで勝手に旅行保険がつきます。

一般法人カードであると、利用付帯になります。対象のクレジットカードで航空券を取得する(カード決済する)ようにしないと、海外旅行傷害保険の対象になりません。ただ、ハイステータスカードだと自動付帯なので、決済カードについて特に何も考える必要なく海外出張すれば問題ありません。

しかも、ステータスカードではキャッシュレス受診になります。これは、現地での支払いなしに病院を受診できる制度のことです。高額な医療費がかからないどころか、現地でのお金の支払いすら免除されるようになります。

それだけでなく家族特約が付いているステータス法人カードも存在します。これであれば、家族分まで含めて海外旅行傷害保険の対象になります。

海外旅行傷害保険料では、一人最低数千円などの値段がかかります。これがすべて無料になり、さらにはキャッシュレス受診を含めた最高レベルの補償が自動で付くようになると考えてください。

コンシェルジュサービス

私がわりと頻繁に利用しているものとして、コンシェルジュサービスがあります。ゴールド法人カードの場合、アメックスのゴールド法人カードであってもコンシェルジュサービスを期待することはできません。ただ、プラチナ法人カードであるとコンシェルジュデスクが用意されています。

法人カードのコンシェルジュは秘書のようなものだと考えてください。「20人の飲み会を開催するのだが、一人5,000円くらいの予算で新宿で飲める居酒屋を探してほしい」「急に出張が決まったため、宿泊できるホテルを探してほしい」などを頼むことができます。

特に値段の高いサービスでなければいけないというわけではなく、私は一人3,000~4,000円ほどの飲食であってもコンシェルジュサービスを活用するようにしています。入手しにくいイベントチケットの取得方法を含め、丁寧に調べて案内してくれます。

注意点として、日本国内の案内については優れていますが、海外については微妙になることがあります。

私はこれまで、海外での現地サービスについてコンシェルジュデスクを利用したことがあります。ただ、海外ではカード会社とつながっている代理店の数が少なく、現地でのコネクションが手薄のため案内されたサービス内容はどれも微妙だったのです。

ただ、日本国内であればプラチナ法人カードは大きな威力を発揮するため、国内について積極的に活用するといいです。

カード会社独自の特典も存在する

上記に記したものが、ハイステータスカードの主な特典になります。つまり、「ポイント還元率が高い」「利用限度額が高額」という以外にも、以下のようなサービスを受け取ることができるのです。

  • レストラン利用での1名無料
  • 空港ラウンジの利用
  • 高額な海外旅行傷害保険補償
  • コンシェルジュサービス

これに加えて、カード会社独自の特典を用意していることがあります。主なものとしては、以下の優待サービスがあります。

新幹線をお得に乗車できるプラスEX

ビジネスカードによっては、プラスEXというカードを追加発行することができます。プラスEXの追加発行には年会費1,000円が必要です。ただ、年会費がかかっても必ず発行するべきカードになります。

プラスEXがあると、JR新幹線のエクスプレス予約を利用できるようになります。

ネット上から予約できチケットレスになるので、新幹線に乗るときみどりの窓口の長蛇の列に並ばなくていいです。また、自由席と同じ料金で指定席に乗ることができます。さらにネット上からであれば、予約変更は何回でも無料です。

他には、乗車区間が長い場合は3日前までに予約することで片道1,500円以上の割引があります。

こうした新幹線での特典が非常に多いカードであるため、プラスEXを発行できる場合は必ず作るようにしましょう。アメックスと三井住友カードでプラスEXを利用できるようになっています。

タクシーチケットの手配

また、法人カードによってはタクシーチケットを手配できることがあります。JCBと三井住友カードでタクシーチケットを利用できます。

得意先を接待するとき、タクシーチケットがあれば非常にスムーズです。後で料金精算する必要なく、法人カードにタクシー利用分が加わるようになります。

また、タクシーチケットがあれば節税も可能です。本来は得意先の接待などビジネスでの場面にタクシーチケットを利用するのが基本です。

ただ、家族がタクシーを使わなければいけない場面のとき、タクシーチケットを渡せばその分を経費にできます。家族の使用分については、得意先が利用したということにするのです。

できるだけ個人のお金を出さないようにするのが節税の基本です。タクシーチケットを活用し、積極的に節税するようにしましょう。

法人カードごとの特典や優待サービス比較

法人カードの特典や優待サービスを紹介してきましたが、これらの特典を私はかなり有効活用しています。よく分からない微妙な特典ではなく、すべての人にとって魅力的な特典になります。

前述の通り、私はそこまでクレジットカードのステータス性に興味はありません。それでもプラチナ法人カードを含め年会費の高い法人カードを利用しているのは、こうした年会費以上の実利のあるメリットが多いからなのです。

そこで、どのような法人カードが適切なのか比較しながら解説していきます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード

非常に低価格で持つことのできるプラチナ法人カードがセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードです。年会費2万円ですが、年間200万円以上の利用で年会費1万円になります。

還元率は非常に高く、1.125%と高還元率のビジネスカードになります。あらゆる法人カードの中でも、還元率は最高クラスです。

また、プライオリティ・パスや海外旅行傷害保険、コンシェルジュサービスも存在します。ただ、「レストランでの一名無料」「新幹線の優待(プラスEX)」「タクシーチケットの手配」はありません。

しかし限度額や還元率は高く、プラチナ法人カードとして最低限のサービスは備わっています。コストパフォーマンスよくプラチナ法人カードを作り、特典を受け取りたい人にとって優れています。登記簿謄本の提出が必要なく、創業一年未満や赤字の会社でも審査に通過するという特徴もあります。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

本家アメックスのゴールド法人カードとして、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードが知られています。

年会費は31,000円です(当サイトからの申し込みで初年度無料)。ただ、アメックスでは独自の優待サービスが存在します。

まず、空港までスーツケースを無料で送ることができます。ゴルフバックなど、重い荷物がある場合は事前に送っておくと便利です。他には、所定の手続きを踏むことで羽田空港や伊丹空港での国内線で1,000円ミールクーポン(食事券)がつきます。

海外旅行傷害保険は家族特約があり、空港サービスについては他にも非常に優れた内容が存在します。プラスEXを発行できるため、新幹線での乗車も有利になります。

コンシェルジュサービスやプライオリティ・パスの発行などはないものの、その他の特典が優れているカードとしてアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードがあります。還元率も1%と優れています。

JCBプラチナ法人カード

JCB法人カードのプラチナカードとして、JCBプラチナ法人カードがあります。年会費3万円のプラチナ法人カードです。

審査基準は高く、簡単に入れる法人カードではありません。ただ、特典内容は優れていますし、個人でJCB・THE CLASS(JCBのブラックカード)を持ちたい場合、JCBプラチナ法人カードを利用すると実績作りに役立ちます。

ポイント還元率は0.5%であり、残念ながらプラチナ法人カードなのに非常に低いです。ただ、プライオリティ・パスや高額な海外旅行傷害保険(家族特約あり)、コンシェルジュサービス、レストランの1名無料などのサービスは揃っています。

さらに、タクシーチケットの手配は無料であり、プラスEXも発行できます。プラチナ法人カードとして必要な機能はすべて備えていると考えてください。

三井住友ビジネスプラチナカード for Owners

クレジットカード大手の三井住友カードが発行するプラチナ法人カードとして、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersがあります。年会費5万円の法人カードです。

プラチナ法人カードにも関わらず、審査基準が非常にゆるいです。登記簿謄本の提出が求められないため、カード会社側は会社の状況がわからないからです。個人クレジットカードを保有している人であれば、誰でも持つことができます。

さらにポイント還元率は優れており、実質的に還元率1%を達成できます。プライオリティ・パス、海外旅行傷害保険(家族特約あり)、コンシェルジュサービス、レストランの1名無料も用意されています。タクシーチケットの手配は無料ですし、プラスEXによる新幹線予約もお得になります。

還元率の面まで考えたとき、すべての条件を満たした最強のプラチナ法人カードが三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersになります。

おすすめの法人カードランキング

法人カードランキング