8dl2f

個人クレジットカードの中でも、ステータス最高峰のカードとしてブラックカードが知られています。ブラックカードとは、アメックスが発行するセンチュリオンカードのことを指します。年会費35万円(税別)であり、これだけのお金を払っても問題ない人だけが手にすることができます。

また、ブラックカードを持ちたいと考えていても、普通に生活しているだけでは手にすることができません。プラチナカードを使い続け、相手会社から「ブラックカードをもちませんか?」というインビテーション(招待)があることでようやく申請することができます。

ただ、個人クレジットカードではなく法人カードになるとどうかというと、ステータスではプラチナカードが最高峰になります。

法人カードでプラチナカードをもっておけば、ビジネスに限らずあらゆる場面で最高のサービスを受けられるようになります。ここでは、最もハイステータスな法人カードについて紹介していきます。

法人カードにブラックカードは存在しない

最高峰のクレジットカードというと、ブラックカードを想像します。ただ、法人カードにはブラックカードは存在しません。法人カード用のアメックス・センチュリオンカード(通称、ブラックカード)はないのです。

また、これは他のカード会社でも同じです。クレジットカード会社によって、それぞれ個人向けに最高峰のブラックカードを発行しています。

アメックス・センチュリオンカードほど審査が厳しかったり年会費が高かったりするわけではありません。それでもブラックカードではインビテーションを導入していたり、審査があったりします。

それぞれの会社によって、以下のようなブラックカードがあります。

ブラックカード 取得方法 年会費

アメックス・センチュリオンカード

インビテーション 35万円

ダイナース・クラブプレミアム

インビテーション 13万円

JCB・THE CLASS

インビテーション 5万円

このように、他にもダイナース・クラブプレミアムやJCB・THE CLASSなどのブラックカードが存在します。ただ、これらは個人向けのクレジットカードであり、法人用ブラックカードは存在しないのです。

ちなみに、JCB・THE CLASSはブラックカードとはいっても、年会費5万円と安くアメックスやダイナースに比べるとそこまで審査が厳しいわけではありません。そのため、JCB・THE CLASSはブラックカードとはいっても「一般的なプラチナカードと同じ扱い」となります。

法人カードはプラチナカードがステータス最高峰

ブラックカードの法人カードが存在しないため、法人カードではプラチナカードが最もグレードの高いカードになります。

法人カードの中での最上位は、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナカードです。ブラックカードほどではないにしても、年会費は13万円(税別)とかなり高額です。

それでは、それだけの年会費を支払うだけの価値があるのでしょうか。

ビジネスでかなり稼いでいる社長のクレジットカードをみると、ほぼアメックスのプラチナカードです。そういう意味では、多くの社長がプラチナカードを活用しているといえます。

ただ、法人カードでの最高峰であるため、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナカードはブラックカードと同じようにインビテーション(招待)を受けることによって申し込むことができます。

アメックスのプラチナカードをもつためには、以下の2つのうち、どちらかの方法によって入手しなければいけません。

  • アメックスの法人ゴールドカードをもち、長く使い続ける
  • 人脈を使い、アメックス・プラチナカードの担当者を紹介してもらう

インビテーションが必須になるため、誰でも保有できるカードというわけではないのです。

私の場合、いまでは何年も会社を経営しているとはいっても、年会費13万円を出せるほど裕福ではありません。

そのため、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナカードをもっている金持ちそうな社長をみると、非常にうらやましいまなざしで眺めるだけです。

それでは、すべての法人プラチナカードでインビテーションを受ける必要があり、さらには年会費13万円も出さなければいけないのかというと、そういうわけではありません。

アメックスのプラチナカードがインビテーション制を採用しているにすぎません。他のクレジットカード会社が発行するプラチナカードであれば、インビテーションなしで作ることができます。

インビテーションのないプラチナカードをもつ

ステータス最高峰のアメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナカードの年会費は高いです。ただ、他のカード会社が発行するプラチナカードであれば、年会費は2~5万円ほどで発行できます。アメックスのプラチナカードに比べると非常に安くなっています。

さらに、インビテーションなしでプラチナカードを申し込むことができます。申請できるのは会社組織だけでなく、個人事業主であっても問題なくプラチナカードの法人カードを手にすることができます。

なお、年会費が低いとはいっても、付帯サービスはアメックスのプラチナカードと同じように優れています。例えば、どのような付帯サービスがあるかというと以下のようなものがあります。

限度額が高い

クレジットカードの限度額とは、簡単に考えると「カード利用することで、どれだけの支払いができるのか」を定めた上限金額になります。支払額の合計が限度額を超えると、それ以上はクレジットカードを使用できなくなります。

ビジネスを動かすうえで、限度額が低いのは致命的です。法人カードを多用しない会社なら問題ないですが、法人カードは経費削減や節税で非常に重要なツールであるため、必ず活用すべきカードだといえます。そのため、中小零細企業であっても月に何百万円もの支払いになるのは珍しくありません。

こうしたクレジットカードによる支払いが多い会社であるなら、プラチナカードにした方が適切です。

一般的な法人ゴールドカードであると、限度額が50~300万円ほどです。限度額は「約2ヵ月の間に使用できる利用上限金額」であるため、法人ゴールドカードであれば月に150万円以上(2ヵ月で300万円以上)を使う会社は限度額いっぱいになり、法人カードによる決済ができなくなります。

そのため、これ以上の限度額を望んでいる場合は法人プラチナカードが適切です。

法人プラチナカードであると、多くの場合で利用限度額が500万円であったり、個別設定されたりします。個別設定の場合であれば、限度額は500万円を大幅に超えて設定されることはよくあります。

例えば、法人プラチナカードとして知られるセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの限度額は個別設定されます。このとき、最初に設定された限度額がいっぱいになった場合、サポートデスクに電話を一本いれるだけで限度額は1,000万円などに引き上げられます。

空港ラウンジを活用できるプライオリティ・パス

また、どの法人プラチナカードであってもプライオリティ・パスがついています。プライオリティ・パスがあれば、全世界にある主要空港のラウンジを活用できるようになります。

海外での空港など、待ち時間を有効に過ごすためにラウンジが存在します。こうした空港ラウンジに入ると、飲み物や食べ物が無料であったり、ゆったりとしたソファに座れたりできます。

ただ、当然ながら無条件でラウンジ入れるわけではありません。プライオリティ・パスという、クレジットカードとは別に発行されるカードを提示する必要があります。

例えば、私が海外出張したときはプライオリティ・パスを活用して以下のようなラウンジに入りました。

通常であれば、空港の硬いイスに座ってフライト時間まで待たなければいけません。ただ、プライオリティ・パスがあればフライトまで快適な時間を過ごすことができます。

主要な国際空港であれば、基本的にどこでもプライオリティ・パスを使える場所があります。

プライオリティ・パスを使える場合、ラウンジの前には以下のように「Priority Pass」と書かれている看板が置かれています。こうしたラウンジであれば、プライオリティ・パスのカードと航空券を見せることで中に入ることができます。

海外出張などが多い人であれば、プライオリティパスをもっておくだけで空港での時間の過ごし方が有意義になります。

もちろん、いまでは私もプライオリティ・パスをフル活用しています。これについては、ステータス性の高い法人プラチナカードをもっている人の特権です。

コンシェルジュサービス

また、飛行機のチケットを取ったり、飲食店を探したりするときは自ら調べなければいけません。そのようなとき、クレジットカードのコンシェルジュサービスを活用するといいです。

電話をかけ、「予定が突然変わり、○月○日で飛行機のチケットを取ってほしい」「○月○日で重要な人と会食するのだが、新宿周辺で適した店を予約してほしい」「急な出張が入ったのだが、空いているホテルはあるか」などを言えば、その通りに動いてくれます。

しかも、コンシェルジュを通した方が、値段が安くお得に利用できることがほとんどです。忙しくビジネスを動かしている社長だからこそ、こうしたサービスが効果的なのです。

コンシェルジュデスクとしては、国内・海外のホテル、航空券・新幹線・レンタカーの手配、ゴルフ場、各種チケット、レストランなど、エンターテイメント系のことであれば何でも対応可能です。

もちろん、これらのサービスを利用すればすべて経費で落とせます。ホテルや航空券などは旅費交通費ですし、ゴルフやレストランは交際接待費です。また、各種チケットも福利厚生費として経費精算できます。

法人カードを利用していれば、経費処理しやすいです。プラチナカードを活用しているのであれば、コンシェルジュサービスをフル活用してみてください。コンシェルジュデスクに電話一本いれるだけで、あらゆる作業から解放され、よりビジネスの時間に集中できるようになります。

個人事業主であっても会社経営者であっても、コンシェルジュサービスを利用するだけで大きくの時間を節約できるようになるのです。

保険サービスが付いている

また、プラチナカードには保険付帯があります。例えば、クレジットカードで購入した商品が壊れていたり、盗まれたりすることがあります。こうしたときに効果を発揮するのがショッピング保険です。

他には、日本国内では医療保険を使えますが、海外でケガをしたり入院したりすると後で高額な医療費が請求されます。こうしたときのために旅行傷害保険があります。

プラチナカードをもっていれば、国内や海外でのショッピング保険や国内旅行・海外旅行傷害保険がついてきます。出張するときなど、プラチナカードをもっているだけで心配なく出かけることができます。

なお、保険付帯については利用付帯と自動付帯の2種類あります。利用付帯とは、「航空券などをそのクレジットカードを活用して購入しないと付帯されない」という保険です。一方で自動付帯とは、そのクレジットカードをもっているだけで、自動で保険付帯されることを指します。

法人プラチナカードであれば、どれも自動付帯です。つまり、もっているだけで自動で保険が付いてきます。このときは「海外傷害保険最高1億円」など、これ以上ない保険が自動で付いてくるようになります。

例えば海外旅行する場合、パスポートとクレジットカードがあれば病気に罹ったりケガをしたりしたとき、カード会社へ電話一本するだけで、現地の病院の手配や予約をすべてカード会社が行ってくれます。

しかも、このときはキャッシュレス診療と呼び、お金を支払わずに現地の病院を受診できます。そこまで手厚い保険が法人プラチナカードについているのです。

法人プラチナカードを活用し、ビジネスを加速させる

ここまでステータス性の高いプラチナカードについて説明してきました。前述の通り、法人カードにはブラックカードが存在せず、アメックスのプラチナカードが最上位になります。

ただ、アメックスのプラチナカードはインビテーションだけでの募集です。誰でも保有できる法人カードではありません。そこで、プラチナカードをもつとき、インビテーションのない法人プラチナカードを考えましょう。

ある程度、法人カードを使っている個人事業主や会社経営者であれば、「限度額の高いカードに変えたい」「空港ラウンジや保険サービスを活用したい」と考える人は多いです。そうした場合、法人プラチナカードを検討してみてください。

それでは、ステータスの高い法人プラチナカードとしては、どのようなものがあるのでしょうか。法人プラチナカードの中には、個人事業主でも申請できるなど、そこまで審査が厳しくないカードもあります。

それぞれ特徴が異なりますが、インビテーション不要の法人プラチナカードとしては以下のようなものがあります。

法人プラチナカード 年会費 追加カード 限度額

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

2万円 3,000円 個別設定

JCB プラチナ法人カード

3万円 6,000円 個別設定:150万円以上

三井住友ビジネスプラチナカード  for Owners

5万円 5,000円 500万円

それでは、それぞれの法人プラチナカードの詳細について確認していきます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

法人プラチナカードの中でも、最も手軽なクレジットカードとしてセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードがあります。年会費2万円とプラチナカードの中では非常に安いです。

国際ブランドはアメックスであり、年会費2万円でアメックスのプラチナカードと同等のサービスを受けることができます。

個人事業主でも問題なく申請できるカードであり、法人プラチナカードの中で最も審査に通りやすいです。

法人プラチナカードとなると「設立3年以上」「黒字決算」など条件があるものの、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードでは、これらの条件を満たしていなくても問題なく審査に通過します。

また、JALマイルでポイントをためる場合は還元率1.125%と非常に高く設定されています。プラチナカードをもちたいと考えた場合、最初に取得を考えるべきカードです。

三井住友ビジネスプラチナカード for Owners

クレジットカードで有名な三井住友カードが発行する法人プラチナカードとして、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersがあります。年会費は少し高めの5万円です。

三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersについては、審査は甘いです。登記簿謄本や決算書の提出が不要なので、会社の状況では判断されません。そのため、設立一年未満の会社でも審査に通ります。

また、個人事業主であっても申し込めるカードであり、限度額は500万円までです。

他のプラチナカードと同じように、プライオリティ・パスやコンシェルジュサービスなどは同じように充実しているため、一度でも審査に通過すれば存分にサービスを利用することができます。

また、アメックスやダイナース、JCBだと海外で使えないことがよくあります。ただ、三井住友ビジネスプラチナカード for OwnersはVISAかMaster Cardの国際ブランドから選ぶことができます。VISAやMaster Cardであれば、海外であってもほとんどの店舗で使えるので安心です。

VISAやMaster Cardの法人カードを活用しながら、ステータス性の高いプラチナカードを持ちたい場合は三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersに申請してください。

JCBプラチナ法人カード

年会費3万円でもつことができる法人プラチナカードとして、JCBプラチナ法人カードがあります。

個人クレジットカードのJCB・THE CLASS(JCBのブラックカード)と同じスタータスであるものの、個人事業主や会社経営者などではインビテーションなしで入ることができます。

ただ、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードや三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersに比べると、審査は厳しめです。

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」であれば、創業してすぐの個人事業主や設立一年未満の会社であっても審査に通過できる可能性が高いです。しかし、JCBプラチナ法人カードではビジネスである程度の実績をつまないと審査に通過しません。

ただ、限度額は個別に設定されるので常識の範囲内であれば実質的に上限がありません。さらに、「プライオリティ・パスがつく」「海外傷害保険1億円が自動付帯」「コンシェルジュサービス」など、プラチナカードとしてのステータス性は十分です。

JCBの法人プラチナカードに興味があり、ビジネスでの実績がある場合はJCBプラチナ法人カードに申請してください。

おすすめの法人カードランキング

法人カードランキング