mile

クレジットカードを利用するとポイントがたまります。このときのポイントの種類はさまざまですが、個人事業主や経営者で「マイル」としてポイントをためたいは非常に多いです。マイルをためることができれば、国内外への航空券を無料で手にすることができます。

個人のクレジットカードであると、「100円=1マイル(還元率1%)」などカードを使うほどマイルがたまっていきます。

ただ、法人カードの場合はたまったポイントをマイルに交換できないことが多いです。マイルをためたい場合、法人カードの中でもマイル移行が可能なカードを最初から選ばなければいけません。

それでは、個人事業主や会社経営者にとってマイルをためるときに有効な法人カードとしては何があるのでしょうか。法人カードでマイルをためようとするとき、還元率や手数料などを考慮しなければいけません。その場合に必要な知識について確認していきます。

マイルをためると海外へ安く行ける

マイルをためようとする人は多いです。私もマイルをためている人の一人です。なぜ、マイルをためるのかというと、航空券に換えることができたり、座席をグレードアップさせたりできるからです。

楽天ポイントであれTポイントであれば、通常は「1ポイント=1円」の価値があります。ただ、マイルの場合は違っており、航空券で考えると1マイルの価値が何倍にもなります。

例えば、以下はANAが出したマイルのキャンペーンです。

通常マイル(往復) キャンペーン適用(往復)
成田⇔プノンペン 35,000 28,000
成田⇔クアラルンプール 35,000 28,000
成田⇔ジャカルタ 35,000 28,000
成田⇔ムンバイ 35,000 28,000
成田⇔北京 20,000 16,000
成田・羽田⇔広州 20,000 16,000

例えば、プノンペン(カンボジア)へ行くとき、通常であれば35,000マイルで航空券を取得できるところ、キャンペーン期間中であれば28,000マイルでエコノミークラスの航空券を取れるというものです。

ANAマイレージクラブ会員(ANAのマイルをためるための会員)であれば、どのような人であってもこうしたキャンペーンを利用できます。ちなみに、マイレージクラブは誰でも入会できます。

こうしたキャンペーンは定期的に発表されます。もちろん、ANAに限らずJALマイレージ会員(JALマイル)であっても同様に同じようなキャンペーンがあります。

ちなみに、私はこうしたキャンペーンを活用してムンバイ(インド)へ行きました。上記の通り、このときはANAで28,000マイルを使い、航空券を取得しました。このときは以下のようにスラム街を体験するなど、日本では絶対に味わえない経験ができました。

エコノミークラスで「成田⇔ムンバイ」の往復航空券を購入するとなると、安くて約88,000円が必要です。これを35,000マイルで取得できるわけですが、上記のようなキャンペーン中であればさらに安く28,000マイルで取得することができます。

燃料サーチャージ代(航空会社が負担しきれない燃料代であり、どの航空券でも必要)の別途4,000円が必要だったものの、それでも安いです。

このように、ANAであれJALであれ航空券を取得する場合であれば、1マイルの価値が何倍にもなります。実際、私がインド・ムンバイへ行ったときは28,000マイルで約88,000円のチケットを取ったため、「1マイル≒3.1円」の価値でした。

1マイルの価値が高いため、海外へ行く機会の多い社長ではマイルをためる人が多いのです。その反対に旅行が嫌いで海外へ行くのが面倒な人の場合、マイルをためる意味はありません。

ANAとJALのどちらをためるか決めるべき

日本でのマイレージサービス(マイルをためるサービス)としては、ANA(全日本空輸)かJAL(日本航空)の2つです。海外にある他の航空会社でもマイレージサービスはあるものの、日本に住んでいる人はANAかJALをためるのが基本です。

ユナイテッド航空の「マイレージプラス」などを利用してもいいですが、ANAやJALのマイレージサービスの方が都合はいいです。

このとき、ANAとJALでどちらのマイルをためたいか決めるようにしましょう。どっちをためても問題ないです。

ただ、後で紹介するセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(JALマイルを効率よくためられる法人カード)を活用したい場合、JALマイルにするといいです。

また、個人のクレジットカード利用でANAマイルをためているなど、何か理由がある場合はANAマイルで問題ありません。

ちなみに、格安航空会社(LCC)ではマイルをためる制度を採用していません。マイルの利用は格安航空会社ではなく、ANAやJALを利用するときだけだと考えてください。

クレジットカードによってマイルをためる方法

それでは、どのようにしてマイルをためればいいのでしょうか。

マイルをためるときは主に「クレジットカードのポイント付与」「飛行機に乗る」という2つの方法があります。以下にそれぞれについて記します。

ETC代やガソリン代など、経費の支払いでマイルをたまる

クレジットカードを利用したとき、たまるポイントはカード会社によって異なります。例えばJCB法人カードであれば、Oki Dokiポイントがたまります。他には楽天カードだと、楽天ポイントがたまっていきます。

このとき、クレジットカードを使用することによってたまるポイントがマイルになることがあります。

法人カードであれば、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードがこれに該当します。JALマイルの還元率が1.125%(1000円の利用で11.25マイルがたまる)という法人カードであり、設定することで自動的にJALマイルが増えていきます。

・他のポイントとしてためた後、マイルに交換する

ただ、法人カードの場合、最初からマイルとしてためることのできるカードは非常に少ないです。そこで、カードによるポイントをためた後、それをマイルへと交換するようにするのです。

例えば、JCBカードを活用することでOki Dokiポイントをため、後でこれをマイルに交換してもらうのです。法人カードであれば、これが一般的なマイルのため方になります。

法人カードはビジネスで活用するカードであるため、額が非常に大きくなります。広告費、ETC代(高速道路代)、ガソリン代、商品仕入れ、交際費など月の経費は高額です。

個人のクレジットカードに比べると、法人カードはポイント還元率が低くなりがちです。ただ、支払額が大きいので個人カードよりもたくさんポイントがたまります。特に営業マンがいる会社となると、ETC代やガソリン代だけでも高額になります。

そこで、このときためたポイントをマイルへ移行するようにするのです。

飛行機を利用してマイルをためる

また、飛行機を利用すればその分だけマイルがたまりやすくなるカードがあります。飛行機に搭乗するときにボーナスポイントとしてマイルがたまるのです。

さらに、ANA JCB法人カードなど航空会社が発行する法人カードを活用することで、より効率的にマイルをためることもできます。「通常マイレージ×110%」「通常マイレージ×125%」など、飛行機に乗った時のマイルをより効率的にためられるように設定されているのです。

飛行機に乗る機会が多い社長の場合、マイレージカードを活用することで効率的にマイルをためることができます。

マイルをためるときは「マイルへの移行」が基本

それでは、「一般的にはどのようにしてマイルをためるのか」というと、基本的には通常の買い物でポイントをためた後、マイルへ交換するのが普通です。

飛行機に乗る機会の多い人なら別ですが、一般的にそうした人は少ないです。また、飛行機に乗る機会が多い人であっても、結局ところショッピング利用でマイルがたまるカードを利用しなければ、マイルはたまりにくいです。

ただ、ANAやJALなど航空系が発行するクレジットカードの中には、飛行機での利用でしかマイルがつかず、買い物での利用ではマイルへ移行できないことがあります。こうしたカードは利便性が悪いため、必ず「買い物での利用でもマイルをためることができるクレジットカード」を活用するようにしましょう。

また、マイルをためたいときは他にも注意すべき点があります。例えば、以下のような項目に着目しましょう。

年会費まで考慮する

法人カードでマイルをためることのできるクレジットカードとしては、いくつか存在します。ただ、基本的に法人カードは年会費が必要になります。

そのため、マイルをためるときは「年会費は安いものの、マイルをためられる法人カード」「年会費は高いが、その分だけ還元率の高い法人カード」などを考慮するといいです。

たとえ年会費が2万円ほどであったとしても、ビジネス利用で使う法人カードは利用額が高額になりやすいです。法人カードで支払う月の経費が大きくなるほど、年会費が高くても還元率の高いクレジットカードを使う方がお得になります。

移行手数料が存在する

また、ポイントをマイルへ移行するときに移行手数料が発生することがあります。こうした無駄な費用が必要だと後でわかると、せっかくためたポイントであってもマイルへの移行を躊躇してしまいます。

例えば、ANA JCB法人カードの一般カードであると、航空系のクレジットカードであるにも関わらずマイルへの移行手数料が年間5,000円(税別)も必要です。還元率が1%だとすれば、移行手数料相当の5,000円分をためるには50万円をカード支払いに使わなければいけません。移行手数料が存在すると、それだけ大きな損をすることになります。

そのため、法人カードでマイルをためるときは移行手数料が無料のクレジットカードを選ぶようにしましょう。

ためたマイルは個人的に使用してもいいのか

それでは、ためたマイルは社長個人が勝手に利用してもいいのでしょうか。

厳密にいえば、法人カードは会社のお金で支払っているため、そのときに得たポイントは会社のものになります。そのため、法人カードによる支払いで獲得したポイントを個人利用に使ってはいけません。

ただ、実際のところはどうなのかというと、ほとんどの社長は法人カードでたまったポイントを自分のプライベートなものに利用しています。税務調査のときにポイントの利用が指摘されることはほぼありませんし、法人カードでためたマイルの利用が調査対象になることはあまり考えなくても問題ありません。

そのため、ETC代やガソリン代、交際費など法人カードで支払うことでためたポイントについて、創業社長であれば好きなようにマイルへ交換すれば問題ないです。

フライトマイルの扱いはどうすればいいのか

また、法人カードで航空券を購入したときにつくフライトマイル(航空券を購入したときに付与されるマイル)については、何も問題なく個人的なものに活用して大丈夫です。マイルは法人名でためることができないからです。

必ず搭乗者本人にマイルがつくことになります。たとえ法人カードで支払いを行ったとしても、マイルは飛行機に乗った人だけに付与されます。

そのため、出張などで社長が飛行機に乗った場合、フライトマイルは法人ではなく、代表者個人にマイルがたまっていくと考えてください。

社員が飛行機に乗った場合、会社にマイルを集約できるのか

それでは、法人カード(会社の支払い)によって従業員が乗った航空券のフライトマイルはどのようになるのでしょうか。

搭乗者(飛行機に乗った人)にマイルがつくというのは、社員が飛行機に乗ってフライトした場合であっても同様です。法人(会社)でマイルをためることができない以上、従業員にマイルがつくことになります。

ただ、実際のお金の支払いは会社であるため、個人事業主(自営業)や会社経営者など、従業員のいる社長からしてみれば社員にマイルがたまっていくのはあまり喜ばしい状況ではありません。そのため、従業員が飛行機にのったとき、何とかしてマイルを会社にためることができないか考えてしまいます。

しかしながら、前述の通りマイルは搭乗者に付与されることがルールであり、これに例外はありません。たとえ支払いが会社であったとしても、搭乗者(社員)にマイルがつくようになると考えてください。

このとき、航空チケットを購入したときに付与されるマイル(フライトマイル)を代表者に集約させることもできません。個人事業主であれ法人であれ、フライトマイルが社員に付与されることについてはあきらめるしかありません。

買い物利用でのマイルなら集約が可能

このように飛行機利用のときにたまるマイル(フライトマイル)については、たとえ支払いが会社であっても社員が搭乗した場合、社員に対してマイルがつきます。

一方で通常のショッピングであればどうでしょうか。

マイルをためるとき、前述の通り買い物をしてポイントをためた後、マイルへ移行するのが基本です。こうしたときであれば会社にポイントをためることができるため、マイルへ交換したいときは問題なくすべてのポイントが社長の元に入ってくるようになります。

社員が飛行機に乗ったとき、フライトマイルが従業員に付与されることを悔しがっても仕方ありません。その代わり、メインとなる「買い物利用でのマイル」は会社にためることができるため、こちらでどのように効率よくマイルをためることができるのかを考えるといいです。

マイルが効果的にたまるおすすめの法人カード比較

それでは、個人事業主や会社経営者がマイルをためたいと考えたときに効率のよいおすすめの法人カードとしてはどのようなものがあるのでしょうか。

マイルをためられる法人カードとしては、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード(アメックス)やダイナースビジネスカードなどさまざまです。ただ、還元率や移行手数料の観点から考えるとあまり優れていません。

もちろん、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードやダイナースビジネスカードを活用してもいいですが、マイルに関しては他の法人カードと比較すると、あまりおすすめできないということです。

こうした点から、「年会費」「還元率」「移行手数料」を考慮して効率的にマイルをためることができる法人カードを2つ厳選して紹介します。それぞれ特徴があるため、比較したうえで法人カードを選ぶといいです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

am

マイルを素早くためたい場合、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを活用してください。最も注目すべきは、JALマイルの還元率が1.125%と非常に高いことです。

JALの公式カード(JALカード)であっても、還元率が最高1%であることを考えると、それをしのぐスピードでマイルがたまっていきます。

JALマイルへ交換するためには、年会費4,000円(税別)のセゾンクラブへ加入する必要があります。ただ、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードでは無料でセゾンクラブへ加入できるため、マイルへの移行手数料は無料です。

また、プラチナカードなので国内外の空港ラウンジを無料利用できる「プライオリティ・パス」がつきます。さらには海外旅行保険が自動で付帯されるため、旅行中にケガや病気にかかって入院しても高額費用が補償されます。コンシェルジュサービスもつくため、旅行中に困ったときであっても問題をすぐに解決できます。

このように付帯サービスが優れ、マイルの還元率の良い法人カードがセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードです。年会費は2万円ですが、マイル還元率が高いので結果として得をします。個人事業主であっても法人であっても、問題なく発行できる法人カードです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

中にはANAマイルをためたいと考える人もいます。そうしたとき、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードが適しています。

アメックスのゴールド法人カードはJALマイルをためることができません。その代わり、ANAマイル還元率1%を実現することができます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは通常、還元率0.5%です。ただ、年会費3,000円のメンバーシップ・リワード・プラスに加入後、ポイントをマイルに変えると還元率1%に跳ね上がります。

ANAマイルへ変える年だけメンバーシップ・リワード・プラスに入り、後は脱退しておけば問題ありません。

さらに、アメックスのゴールドカードなので空港サービスが非常に優れており、「空港までスーツケースを無料で送れる(空港から自宅も可能)」「旅行保険が家族まで自動付帯」「国内線利用で1,000円の食事券が付く」など、カードサービスを利用すれば年会費分のもとを取ることができます。

EX Gold for Biz

ex_biz_orico

ただ、中には月10万円ほどの利用など、あまり法人カードを活用しない個人事業主や会社も存在します。そのようなときであれば、何万円もする年会費を払う必要はないかもしれません。

しかし少額での支払いであってもマイルをためたい場合、年会費が少なく、還元率も一般的であり、さらには移行手数料が必要ない法人カードを選ぶ必要があります。こうした法人カードとして、オリコ「EX Gold for Biz」があります。

EX Gold for Bizでは、年会費が初年度無料であり、次年度も年間2,000円です。このときたまったポイントをマイルへ移行するとき、還元率はANAマイルだと0.36%、JALマイルだと0.3%になります。例えばJALマイルへの交換を希望する場合、1000円分をクレジットカードで利用したら3マイルがたまると考えてください。

ただ、カードの年間利用が200万円以上の場合、還元率はANAマイル0.66%、JALマイル0.55%になります。年間の法人カード利用料が多くなるほど、還元率が良くなります。

このときのマイル移行手数料は無料です。他の法人カードであると移行手数料を必要とすることがあるため、年会費を安くしながらマイルをためるカードとしては優れた法人カードです。

マイルをためたいものの、法人カードの利用額があまり多くない場合はEX Gold for Bizを活用してください。個人事業主でも申請できる法人カードです。

おすすめの法人カードランキング

法人カードランキング